2013年06月19日

療術家向け頭蓋骨セミナー基礎編終了しました

昨日は『療術家向け頭蓋骨セミナー基礎編』でした。

ここのブログではあまり書きませんがけっこう真面目にやってるんですよ、仕事(笑)

6/18頭蓋骨セミナー


予想以上に多くの整体の先生が集まってくれたことに感謝。

このセミナーをやります、という告知をしたところ参加したいという連絡が多くビックリしたのが先月。
しかも告知から一晩で思っていた人数の倍以上の人数からのお申し込みが。

本当にありがたいことです。

僕が稚拙ながら自ら編み出した頭蓋骨調整にいろんな流派の頭蓋骨の考え方をミックスしてオリジナルにしてきた『ことう式 あたまの整体レジスタードマーク』をプロの整体師にシェアするのが初めてだったのですがどうにかこうにか無事に終えることができました。

しかも今回は独立されて10年以上とかキャリアが15年という先生方ばかりで恐縮でした(笑)

内容は頭蓋骨の調整に関わる知識をシェアするための講義編と施術でどう使うかという技術のシェア。

ベテランの先生方ばかりだったので話もスムーズに理解していただけたかと思います。
6/18頭蓋骨セミナー

実技のシェアでも教えるとすぐに出来てしまう手の感覚や理解力の早さは教えていてもおもしろかったですねぇ。

それがTHEベテラン整体師。

毎日人のカラダを触っているからこそ出来ることですね。
6/18頭蓋骨セミナー

この技術を持ち帰っていただき皆さんの整体に少しずつ混ぜていくとまたそれぞれのオリジナルの整体ができあがるはず。

決して僕のマネなんかはして欲しくないんです。

・・・というかそれは絶対に出来ません。

考えも年齢も筋力も思考も血もDNAもすべてが違うんです。
違うのだから同じものなんてできませんよね。

この知識を使って皆さんの使いやすいように変えていくことが各々の技術の革命だと思っています。

また来月もほぼ同じメンバーがいらっしゃるようなのでまたシェア出来るものを用意しておきます。

それではまた来月お会いしましょう!!
6/18頭蓋骨セミナー

※今後も整体師向け頭蓋骨セミナーをシリーズ化し、基本的に毎月行ってまいりますが必ず始めに基礎編を受けていただきます。
その後はオープンセミナーになりますのでいつでも参加可能です。

基礎編は2〜3ヶ月に一度くらいのペースでの開催の予定です。
ブログやFacebook、Twitterなどで告知します。
posted by コトー at 23:57| セミナー・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

KISS来日 & ジャケット撮影場所探訪

9月にKISSの来日が決まったようだ。

前回は流れてしまっただけに今回は行く決意は固い。
KISS


あのいでたちでキャッチーな名曲のオンパレード、さらにはパイロ(花火)がガンガン爆発するステージは必見でしょ。

そういえば4月に行ったニューヨークにてひとりロックツアーを敢行!!

今回はマンハッタンに存在するロックの名盤の撮影場所や有名なライブハウス跡地への訪問などもしてきました。

そのひとつがKISSのファーストアルバム『地獄への接吻』のジャケット撮影場所。

KISS アルバムジャケット撮影場所


このアルバムはかの有名なElectric Lady Studios(ジミヘンが設立したスタジオ)で録音されたこともありElectric Lady Studiosから歩いても行ける距離にある交差点です。

もし今後誰かが行くために住所を残しておきます。
256 8th Avenue, New York, NY

KISS アルバムジャケット撮影場所


ただの交差点ですですが我々のようなロックマニアにとってはプチ聖地。
ここに約38年前にKISSが立っていたのだ!!(笑)

そして僕が昨年リリースした『ComPhoto』という写真合成アプリをつかってジャケット写真と交差点の写真を合成。
KISS


これだけですごく楽しい!!!(笑)

というわけでKISSの聖地探訪の巻でした。
posted by コトー at 15:14| MUSIC !! 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

サードウェーブ

4月のニューヨークの写真を全然あげてなかったので少しずつ出していきますね。

NY行きの目的はといえば・・・
その1:子供の頃からの憧れであったハルク・ホーガン、アルティメット・ウォリアー、ブレット・ハート他40人ほどの元レスラー達に逢いにいくこと。

その2:昔から付き合いのあるアメリカのプロレス関係の友人達に逢うため。

その3:サードウェーブをこの目で、舌で味わうため!!(笑)いずれカフェをやるために。マジで?(笑)


ところでこのサードウェーブってご存知ですか?

コーヒー業界の言葉なのですが、簡単にご説明します。

ファーストウェーブ(第一の波)は19世紀後半のこと。コーヒーが一般家庭や職場にも広がりどこでもコーヒーが飲まれるようになって、浅煎りのアメリカンコーヒーが大量に生産・消費された、そんな時代。

セカンドウェーブは71年にスターバックスがシアトルでオープンし、いわゆる深煎りの豆で仕上げるカフェ・ラテなどを中心にシアトル系のコーヒーチェーンがエスプレッソコーヒーにこだわり出した時代。

サードウェーブは90年代後半から起こった新しい時代の波のこと。
豆のみならずライフスタイルなどにもこだわりをみせる客にターゲットを絞り、いろんな産地の豆の個性を最大限に引き出し淹れ方、お店のスタイルなどを追求する新しいコーヒーカルチャーのこと。


ニューヨーク滞在中にはスタバも行ったがなるべく独立したオーナーがやっているカフェを探して入るようにした。

宿がマンハッタンの5番街近くだったのであまりおもしろいお店はなかったがスタバの味、ホスピタリティを凌駕するようなカフェもありかなり楽しめた。

最終日には地下鉄に乗ってBedford Ave.まで。
Bedford Ave.

目的はBrooklynのWilliamsburgというところ。

この近辺にはここ数年いわゆるちょっとイイお店が集まって来た人気の地区。

ここらへんのカフェ探索も今回の使命。

サードウェーブを感じさせるカフェがいくつも並びどこに入ろうか迷うほど。

さすがに3件ハシゴしたらお腹がたぷんたぷんになりました(笑)

その中の1件は『El Beit』
El Beit

オレンジのエスプレッソマシンがたまらない。
El Beit

このカフェのバリスタはお客さんと少し距離を置くタイプ。

どのお客さんともあまり話さない。
El Beit

アイコンタクトでお互いを理解する感じ。

店内から。
El Beit

アイスラテ$4.45也。
El Beit


店先の看板はほとんどのお店が手書き。

Nice!!
posted by コトー at 23:58| @NewYork | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

DENOM

本日は年下の友人に誘われてDENOMという屋外のイベントに参加。

コンセプトは『○○で、飲む。』というわけで・・・梅雨の合間の晴れの日に『屋上で、飲む。』ビールは美味かった。

主催者は僕とひとまわり以上も違うカツセくんとハットリくん。

この子達は優しくて気が利く自慢のお友達。
image-20130603012628.png


新宿の高層ビル群が見渡せるビルの屋上でワイワイと。

image-20130603012637.png


皆で最後に一枚ってな感じの写真。
image-20130603012648.png


ビルに登ると東京の空だって広い。
image-20130603012655.png
posted by コトー at 22:57| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。