2013年11月29日

大阪セミナーストーリー その9 打上げ編

控え室に帰ると少々ぐったり(笑)

大阪セミナー 打上げ


さてこのあとは打上げ。

カイロベーシック社長・古谷氏とチームKOTOの面々も一緒に打上げのお店に。

ここは大阪湾を臨む高層ビルの上層階。
大阪セミナー 打上げ


大阪湾が真下に見える。

大阪での闘いが終わった後だけになんだか気持ちが良い。

セミナーの反省も含めてみんなで話し合いながらも笑いが絶えない。

実は僕はみんなの話を聞きながらウルウルきていた。

自分だけで闘いに来るはずだったのにしっかりと仲間が支えてくれたおかげで無事に終えることができた。
もしそれが無かったらなんてことは想像もしたくない。
確実に言えるのはエジー、ホシさん、アサノーさん、ヒロシくんがいなかったらちょっと違ったものになっていたということ。
みんなには大きな借りができたな・・・(笑)

しばらくはセミナーに向けてお酒も全然飲んでいなかったのでこの夜のビールは格別。
そしてこんなにスッキリした気分は数ヶ月振りだった。

お店を出たところでチームKOTOのメンバーと記念の一枚。
(左からホシさん、アサノーさん、コトー、エジー、ヒロシ)
大阪セミナー 打上げ


しかし・・・
本性をあらわすと・・・
大阪セミナー 打上げ

激しく変身するのだ。
なはは。こいつら最高だぜ!!


DVDリリースを強力にプッシュしてくださったカイロベーシックの社長・古谷氏をはじめスタッフの方々、一緒にセミナーを闘った4人の仲間達、送り出してくれた妻、応援してくれたクライアント、同業の友人達、そして僕の大事な兄貴分であるトシヒコ先生。

ほんとうにありがとうございました。

コトーオリジナルの頭蓋骨調整法、『あたまの整体』2本目のDVDリリースはあるのか?
それは神のみぞ知る。

というか1作目のDVDが売れなかったら次は確実にな〜い(笑)

もし次を期待してくださる方々がいればカイロベーシックさんにメールを1本、電話も3本くらい掛けといてくださいねー(笑)
あとは先方の考え方次第。

またDVDのリリース日が近づきましたらこちらでもお知らせ致します。


この機会は確実に僕の整体師人生において大きなターニングポイントとなった出来事。
なのでこのセミナーに向う過程、その時々の気持ちを記録に残しておきたかったのです。
長々とお付き合いくださいましてありがとうございました。

でも実は・・・もう一回だけ続きます(笑)
posted by コトー at 22:57| Comment(0) | セミナー・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

大阪セミナーストーリー その8 当日編

熱くなった講義編、参加者の皆さんはどう感じたのか?

一方休憩後の実技編はいたって順調(笑)

参加者16名、各ベッドふたりひと組で練習をしているのでおひとりずつ指導しながらまわる。

質問などにも答えながら進めていく。
大阪セミナー 当日

ところどころで区切りながらいろんな技術をシェアさせていただいた。

この時の反応で僕の技術を本気で受け入れる気がある先生なのかどうかがよくわかる。

大阪セミナー 当日


大阪セミナー 当日


かくしてセミナーは無事に終了。

あっという間の4時間45分。

予定では4時間30分で終了予定だったので15分オーバー。

この15分オーバーが僕としては気に入らない(笑)
ある部分では完璧主義。


そうそう、僕はいかなる時にも白衣は着ない。
この日はRolling StonesのTシャツで臨みましたがこれにもいろんな意味が込められています。
ま、それはそのうち。

さすがにロックTシャツでDVD収録のセミナーやった先生はいないだろー。
最高!!(笑)

最後もちょっとした映像による演出を用意させていただきました。
これで参加者に何かを感じ取っていただけていれば嬉しいんだけど。

こっちの仕掛けに参加者の感性は刺激されたのか否か。

それはこの日の参加者とこれからDVDを観る人の内側に答えがある。

全て終わって控え室にて。
大阪セミナー 講義編

この日のパートナーのエジー・カーチス・イヤウケヤが撮ってくれたオフショット。

充実感と高揚感、そして自分に対しての苛立ちとダメだしみたいな気持ちが襲ってきた。

満足感は・・・ないね。

・・・・・ない。
posted by コトー at 23:57| Comment(0) | セミナー・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

大阪セミナーストーリー その7 当日編

さてセミナー当日。

起きるといつもより明らかに高めの血圧と心拍数。

アドレナリン効果。

早々に会場入りしてチームKOTOの面々と打ち合わせ。
完成したDVDを観ていただければわかると思うがこの日のセミナーの成功のカギはこのエジーが握っていたといっても過言ではない。
気合いの入ったオープニング映像はエジーのおかげ。
大阪セミナー 当日


心強い援軍が4人もいてくれるおかげで緊張はしていない。

大阪セミナー 当日


みんなバカなことを言って僕をほぐしてくれる。
ってかほんっとにバカなことばっかり言いやがって(笑)
つくづくいい仲間達だよ。

かくしてセミナーは始まった。
大阪セミナー


まずは講義編。

1時間半の講義。緊張が走る。

僕ではなく受講者の皆さんね(笑)
大阪セミナー 当日

内容は割愛。知りたい人はDVD買ってください(笑)

大阪セミナー 当日


4台のカメラで撮られているなんてまったく気にならないほど自分としては夢中ながらも心の底から楽しませてもらった。
大阪セミナー 当日


ちょっとロックな講義編だったかな?(笑)

業界の古いルールとプロレスもしてきたし。

あの場で受講していた先生方は僕の存在に圧倒され、反発もしたはず。

でも反発を喰らってもそんなこと僕には関係ない。

今までの整体師人生と邪道の魂を思いっきりぶつけたセミナーだったからね。

あそこまでやる必要はないんだと思う、今までの整体業界の普通の勉強会であれば。

でも僕はあんな風にやらなくては邪道が貫き通せないと思ったからあそこまでやりました。

あの日、僕の魂を、心からの叫びを受け取ってくれた先生からはしっかりとメールなどをいただきました、ホントに嬉しかったなぁ。

残念ながら僕のようなタイプを真っ正面から受け止める感性を持ち合わせていなかった先生は今後関わりはないでしょう。
でもそんな先生方にも感謝です。

そんな熱い(うっとおしい 笑)講義編の後は休憩を挟んで実技編へと移りました。

これがまた楽しかった・・・
posted by コトー at 22:57| Comment(0) | セミナー・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

大阪セミナーストーリー その6 前日入り編

セミナー当日が楽しみだとは言いながらも整体師として初めての対外的な大仕事を前に緊張したりテンションが上がっていたりで落ち着かない。

セミナー前日の朝はいつも通りのルーティーンでいこうと思い普通に仕事を入れた。

いつもの常連さんに整体をしながらお話をして気持ちを落ち着かせる。

夕方大阪行きの便に間に合うように羽田へ向う。

羽田に向う最中から徐々に内側から沸き出してくる感情や想い。

朝、家を出る時に妻に言われたことがやり過ぎないようにね、だった(笑)

はいはい、と言いながらも何に対してもやり過ぎくらいでちょうどいいと思っている自分の考えは変わらない。
大阪セミナー前日

大阪までのフライトの1時間ちょっとはとにかく早かった。
古谷社長が関空まで迎えに来てくれていた。

そのまま会場の下見兼インタビュー撮影。
大阪セミナー前日

インタビュー撮影?

ちゃんとやりましたよ。過激度150%くらいに抑えてね(笑)

でも普段から思ってることをそのまま言っただけ。

整体業界ってなんでこう保守的な人が多いんだろうか?
いや、僕が毒を吐き過ぎなの?(笑)
それで観た人のココロに何かが引っ掛かったら僕の狙い通り。

だってアレ見たら僕のこと嫌いになる人出てくるもん。
でもね、それでいいんです。嫌いは好きの入り口ですから。ナハハ〜。

あんなプチインタビューでなんだこいつって思ってたら本番のセミナー映像見たらもっと嫌いになるね。
僕の場合はキューが入るとナチュラルにスイッチが入るみたいです。

大阪セミナー前日


インタビューも終えて会場セッティングに取りかかってもらった。
ここで大事なのはこの空間を自分色に染め上げる下準備。

大阪セミナー前日


そこで何をやったかは秘密だけど今までこの空間でセミナーをやってきた先生方はそこまでしなかったらしい。
そりゃそうだろう、業界の中でも変人の部類に属しているんだもんね(笑)
大御所の先生達とは違う邪道流でいかないと業界に飲み込まれちゃう。

その後お食事をしてホテルへ。

そこでも明日への下準備などをして油断していたら夜中2時を過ぎていた。

明日は僕の整体師人生でも大きな転機を向える日。
ワクワク感がハンパない感じであった。
posted by コトー at 23:57| Comment(0) | セミナー・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

大阪セミナーストーリー その5 御前崎編

偶然にもセミナー1ヶ月前のある日、泊まりで御前崎へ行った。

東京の友人のタチキマンとロングドライブ。
そのドライブの最中にも彼は僕にいろんなヒントをくれる。
いつも理論的で客観的なモノの見方がとても勉強になる。

御前崎には僕のメンターとそのファミリーがいる。
御前崎

僕はいつの間にかそのファミリーに仲間入りさせてもらった。

そこにあるのは無条件の信頼関係。

なぜか格好がダダかぶりのヒロシくんと(笑)
御前崎

みんな整体師だけど整体の話なんてひとつもない。
そんな仲間達。

この日はタチキマンがもんじゃ焼きを振る舞ってくれた。
御前崎

海に行ったり昼寝をしたりして好きなように過ごす。

そして僕のメンターであるトシヒコ兄貴にセミナーをするにあたっていろんな話を聞いてもらった。
これでどれだけ安心することができたか。

最初は大阪セミナーにひとりで乗り込むつもりでいた。

でもその仲間達にどうしても大阪に一緒に来て欲しくなった。
御前崎

そこでエジーにパートナーとして一緒に来て欲しいということを伝えるとエジーがひとこと『その日は行くつもりだから空けてあるよ』だって。

夏の終わりに『11月に大阪でセミナーやるんだ』とボソッと言った僕の言葉を覚えてくれていたのだ。

そしてそこにいたホシさん、アサノーさん、ヒロシくんもしっかりとその日を空けていてくれた。

このヤロー達はそんな泣けることをサラッとやりやがる(笑)

これでセミナーに向う覚悟が決まった。

チームKOTOで業界の常識をぶち壊すようなセミナーをやってやる!

そこからセミナーの日までが待ち遠しくなった。

御前崎


気がつけばいつの間にか御前崎は僕のココロに栄養をくれる、そんな場所になっていた。
posted by コトー at 22:57| Comment(0) | セミナー・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

大阪セミナーストーリー その4 岡本太郎記念館編

行き先は岡本太郎記念館。

あなたはこの作品を見て何を感じる?
岡本太郎


岡本太郎


岡本太郎


岡本太郎


岡本太郎


岡本太郎


この日は偶然にも岡本太郎記念館の案内をする日だったのでコンシェルジュの話に聞き入る。

家の奥側にある岡本太郎のアトリエがこちら。
岡本太郎 アトリエ


岡本太郎 アトリエ


まるでさっきまで作品をここで描いていたかのような生々しさ。
息づかいまで聞こえてきそうな空気感。

きっと岡本太郎はこの部屋にいる。

そしてサプライズで岡本太郎が実際に使っていた彼自作の太めの筆を触らせていただいた。

岡本太郎 アトリエ


作品を通して伝わること。

岡本太郎


筆の運び、絵の具の凹凸まで目に焼き付けてきた。

確実に岡本太郎とのふれあいがあった。

そして情念のようなものを吐き出したくなった。

何かが奥底から沸き立った瞬間、大阪でのセミナーをテクニック云々ではない自分が自分であるための自己表現の場にしようと決意した。
posted by コトー at 22:57| Comment(0) | セミナー・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

大阪セミナーストーリー その3

『セミナーをやること』そしてそれを『DVDで発売する』ということは決まった。

しかしそれが決まった後はお休みの日もセミナーの準備・準備・準備。

セミナーが終わるまでまったく休んだ気にならなかった。

いままでセミナーを開催してきた先生方はこういった影の苦労をされてきたんだということが骨身に沁みてわかった。

サロンワークである整体という仕事は毎日の予約をいつも通り終わらせていけば仕事は終わりという性質。

しかし期日や締め切りのあるシビアな仕事へのモード変換がうまくできずに家に帰ると常にイライラしていた。

そのイライラからか部屋も本が山積みになり散らかって行く。

自分の心理状況が部屋に出てきた。

混沌としている。


しかしやらねば、でもまだ2ヶ月あるし・・・という時期は毎日自分の考えが揺れた。

いわゆるセミナー構成というやつだ。

どのように伝えたらよいのか混迷を極めた時に思ったこと。

それは自分の中にある『狂気』のようなものを自分で引き出さなくては、ということ。

人と対峙し、何かを伝えるのは生易しいことではない。

それには自分が想像し得る自分を越えていかなくてはいけない。

そう思ったある日、ある人の助けを借りようと思い青山へ向った。

そこであの人は僕の中の狂気をあっさりと引き出してくれた。

その人とは・・・

岡本太郎


この日の訪問が最高のヒントに。

岡本太郎


結果、彼の狂気を取り込もうと考えたのは正解だった。
posted by コトー at 22:57| Comment(0) | セミナー・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

大阪セミナーストーリー その2

大阪でのセミナーのお話をいただいたのはいつだったか・・・

カイロベーシックの社長・古谷氏が突然のアポイントを取ってきたのは僕が4月にニューヨークにいたとき。
ニューヨーク


ニューヨークに行く前にiPhone、iPadで使える写真比較アプリ『ComPhoto』を発表して同業者のネット界隈を賑わせた時に僕を発見したらしい。

そこから古谷社長の中でアプリのこと以外にも頭蓋骨を操るキャラのおかしなヤツだ(笑)と僕のことがどうにも引っかかったようだ。
ニューヨーク

ニューヨークで休暇中の僕はPCに届いた熱いメールのことは無視してそんなに考えもせずに休みを楽しんだ。

だってカイロベーシックなんて会社は知らないし社長の古谷氏の名前も知らなかったから。
(整体業界ではかなり有名な会社であることはずいぶんと後から知った)

そして東京に帰るとすぐに古谷社長は僕のもとにやってきた。

そこからいろんな話になり僕の頭蓋骨セミナーに毎月参加してもらい一緒に頭蓋骨調整の勉強をした。

そのうちに治療家インタビューのDVDのお話をいただく。
タイトルが『成功治療家インタビュー』だからイヤだ、とか言いながら何度か断った。
何が『成功』だよ、とか毒づきながら(笑)

でも古谷社長の熱い想いに負けて結局やってみることに。

し・か・し、未体験ゾーンのお仕事だったがこれまたおもしろいことの連続。
治療家インタビュー


当日のインタビュアーでもある古谷社長の意向をひっくり返して好きなようにやらせてもらったおかげで(笑)同業以外人やクライアントの誰に見せても面白いと言ってもらえる作品になったようで喜ばしい限り。

↓その動画の一部がこちら↓




夏も終わりの頃だったか、古谷社長はセミナーの話を僕に持ってきた。

正直なところ僕は自分の技術を自分のサロンで小さく披露するぶんには問題ないと思っていた。
わざわざ大阪まで行くのもどうかと思ったけどセミナーをやるくらいなら問題はない。

しかし社長の本当の意向はそうではなかった。

僕のセミナーをDVD化するためのセミナーをやってくれ、とのことだった。

僕は戸惑った。

別に有名になりたいわけでも業界に打って出たいわけでもないからね。

これまた何度かお断りをした。

しかし、逆境ともいえるこの仕事はもしかしたらオモシロイかもしれない・・・
考えにまったく無かった概念の仕事をやることで自身の成長やチャレンジ精神の開拓ができるのでは?
自分の中で熟成させてきた技術を世に問うということをしてみるのもおもしろいかも・・・


業界向けのDVD発売という自分の考えの範疇にはないゾーンの仕事は『楽しそうだ』ということと『闘い』がキーワードの僕は社長の挑戦を受けて立つことに。

理由はそれだけ。

やはり僕にとってはどこまでいっても仕事が遊びで遊びが仕事。

何をやってもこの精神だけは変わらないようだ(笑)
posted by コトー at 22:57| Comment(0) | セミナー・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

大阪セミナーストーリー その1

大阪セミナー

去る11月10日に大阪にて『あたまの整体』セミナーを開催させていただきました。

今年の春頃から自分のサロン内で開催しておりましたが何と言っても初めてのサロン外でのセミナー開催。

これは(株)カイロベーシックさん(業界での信頼が厚い業界ナンバーワンの教材販売会社)から呼ばれての講師でしたので絶対に失敗は許されないという状況でのセミナー開催。

しかも・・・この日のセミナーの様子をノーカットで収録して年明けにはDVDになり全国の療術家に販売されるという異常事態(笑)

業界でまったく知られていない無名の僕がいきなりこの業界でそこまで売り出してもらえるのは奇跡に近い。

この9年の頭蓋骨の研究の結晶が形になりました。

でも恐いよね、業界でもまったく無名の僕のテクニックがいきなりプロ向けの頭蓋骨調整の教科書となってしまう可能性。

えーウソー!そんなことってあるんだねー、なははー(笑)




はい、冗談は終わり。




正直な所、あの日のセミナーは僕の魂と整体師人生をこれでもかとぶつけてきました。

いきなり業界のメジャーな場所に飛び出した僕のことをおもしろく思わない輩もいることだろう。


まずはあの日のセミナー参加者の16名は最初セミナーの出だしに戸惑ったと思う。

だけどその先にはDVDを購入するであろうたくさんの療術家がいるんだ、生半可な気持ちでリングに上がるわけにはいかない。

ヘタすりゃ僕の頭蓋骨のテクニックが業界のごくごく一部だろうがスタンダードになってしまうかもしれないのだ。

あの日、あのセミナーをライブで体感したセミナー受講生16人、カイロベーシックのスタッフ、ハワイから駆けつけて僕のサポートをしてくれたエジー・カーチス・イヤウケヤ、最高の同志であるチームフミユの面々、そして興味本位でこのDVDを買ってしまうであろう療術家達。

この人達すべての想像を上回り、さらに全方位を裏切るくらいのセミナーをしなければコトーがセミナーをやる意味がないと勝手に思ってたから。

予定調和の割にグダグダ感溢れてハッピーエンドにならないような無駄にTo be continuedなセミナーなんて誰がやるか(笑)

そんなありきたりのセミナーをやるんなら僕が出る必要はない。

逆にそんな療術家は捨てるほどいるんだしそんなんだったらあのカイロベーシックが僕を指名してくるはずがない。

僕だって業界でのポジションも一応わかってるよ(笑)

でも何度も何度も会ってミーティングをしてきたカイロベーシックの古谷社長ですら知らない僕の裏の顔があの日に出たのでは。


今回のセミナー開催までやセミナーの最中の気持ちなど今回の顛末を何回かに分けて書いていきたいと思います。
posted by コトー at 23:54| Comment(0) | セミナー・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。