2009年07月04日

三沢光晴お別れ会

場所はお台場、有明にある格闘技会場であるディファ有明。

そこに着くとすでに長い行列。

最後尾を求めて歩くこと10数分。

行けども行けども最後が見えてこない。

気が付いたら1km以上歩いていた。

並んでいる人達の顔を眺めながら最後尾まで歩いた。

それぞれの胸の内に三沢選手の思い出がたくさんあるのだろう。

会場まで続く行列。こんな長い行列には並んだことがない。
三沢光晴お別れ会



並んでいる間は弟と一緒にずっと思い出話。

お互いマニアだから話はまったく尽きることがない。

弟とこんなに三沢のことを話したのも久しぶりだ。


並ぶこと1時間半以上。

会場内にはリングが設けられ、そこが献花台になっていてそこに白いバラを手向けた。
三沢光晴遺影


僕が会場に入ったのが19時くらい。

献花台であるリングにはロープよりも高く花が置いてあった。

ニュースによると今日は2万5千人以上のファンが駆け付けたようだ。

こんなに応援している人がいたのに三沢選手に何もしてやれなかったのが口惜しい。

リングの周りでは多くの人が泣いていた。

選手一同も並んでいたが目は一様に赤かった。


そこで最後のお別れを言ってきた。

三沢選手はこんなにたくさんの人達に囲まれてとても幸せ者だと思う。


帰りにはひとりひとりにカードが配られた。
三沢光晴 理想主義者


時間は取り戻せない。
私は後悔したくない。


そこには三沢選手の著書からの一文が記されていた。



僕も後悔することはあまり好きではない。

だから思ったことはなるべくやってしまう。

人が何と言おうと関係ない。

これからもやりたいことはすべてやり切りたいと考えている。

僕もこれからの毎日を一生懸命生きていきます。
東急東横線 自由が丘 整体院 K-style パーソナル加圧スタジオ K-style


posted by コトー at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | PRO-WRESTLING !! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生行ったのですね。お疲れさまでした。ニュースで見ましたがずいぶんと長い列だったそうですね。
時間は取り戻せない。
私は後悔したくない。
この言葉は三沢さんがこうなったから余計に響く言葉ですね。
いつも会社のこと愚痴っている自分が恥ずかしいです。
Posted by Yamamo at 2009年07月05日 23:54
★Yamamoくん

予告通り行ってきましたよ。
長い行列だったけど苦しくはなかったです。

その人その人でいろいろな状況があるから愚痴ったっていいんじゃないか?
話はいつでも聞くよ(笑)

でも三沢選手の生き方は最後まで素晴らしかったということですね。
見習いたいところがたくさんありますね。
Posted by コトー at 2009年07月09日 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。