2005年01月22日

カミサマ、SABU ヲ タスケテ クダサイ

今日は寒かったですね〜。
おでん食いたい。。。


どうも、コトーです。


今週はプロレス雑誌を見てたいへんショックなことがありました。

ワタクシの大好きなレスラーがひとり病気と戦っている。。。

そのことはまったく知りませんでした。

そのレスラーとは SABU (サブゥー)
サブゥー

その昔 アラビアの怪人 ザ・シーク というレスラーがいたんですが、その甥にあたる名レスラー。

ワタクシの人生を少しだけ変えてしまった強烈な輝きを持ったプロレスラー。

日本にも何度も来ていてよく大仁田なんかとやってましたね。

彼のアメリカでのファイトを生で見たくて何度アメリカまで行ったことか。

彼が出場していたECW(Extereme Championship Wrestling)という団体へ傾倒してしまったワタクシ。

そこで人生狂いました(苦笑)

そしてフィラデルフィアの会場でも少しだけお話する機会もありました。

下の写真は8年前のもの。
試合前にサブゥーをつかまえて一緒に撮った写真。
ワタクシ唯一の彼とのツーショット。
ニューヨークの小さな会場で撮りました。
SABU&ME


彼が手に持っているのはワタクシお手製の彼のカスタムフィギュアです。
ただのフィギュアヲタ。
無理やり持たせて撮りました(笑)


雑誌の記事によるとすでに2ヶ月以上も原因不明の病気と闘っているようです。

突然倒れて動けなくなり救急車で病院へ。

なんでもウイルス性のものらしく彼の体の中でウイルスが暴れ回っているようです。
そりゃ、疲労も溜まっていたでしょう。

しかしこの2ヶ月の医療費が10万ドルって・・・

アメリカは医療費が高いですよね。。。そう、レスラーは保険にも入れないんです。危険な仕事なので。


サブゥーのファイトは長年プロレスを見てきたワタクシでもビックリするような初めて見る動きばかり。

そしてハードコアと言われるスタイルで戦っていました。

そのハードコアってイス、テーブル、有刺鉄線などをバンバン使って血だらけになって戦うスタイルなんです。

有刺鉄線が彼の体に刺さるたびに細菌だって入っていたに違いない、と思うんです。

そして彼の自虐的でストイックなファイトは良い意味でも悪い意味でもプロレスリングの進むべき道を変えてしまったんではないかと思っています。

3月には日本でもサブゥーへのボランティア興行が行われるようで。
収益は全額彼の医療費へ寄付されるようです。

絶対に行かねば。
SABU



kamisama   mosi   itekurerunara  douka   kare   wo   tasukete   kudasai・・・






posted by コトー at 23:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PRO-WRESTLING !! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。