2011年03月15日

NYより

今回の震災で亡くなった方には心よりお悔やみ申し上げます。

未だ大変な状況ですが頑張って乗り切りましよう。

ところでこのブログですが不謹慎と捉えられる方もいらっしゃるかもしれませんが敢えていつものスタンスでやらせて頂きます。

僕がここで悲しんでいても何も変わらないし、いつもの感じで受け取って頂ければ幸いです。

この大変な時期ではありますが家族、親族も快く送り出してくれました。

実はニューヨークに来ています、というか飛行機の中で書いています。

正直とても迷いました。

まさかこの時期にぶつかるとは。

本当に大変な時期に申し訳ない気持ちもあります。

両親や兄弟、福島に親族を残しているので胸が張り裂けそうです。

しかし僕が出来ることは普段通りに仕事をして普段通りのスタンスで生きていくこと。

そしてそれを伝えることかな、と思った次第です。

飛行機の中でいろいろ考えました。
書くべきか書かざるべきか。

結果しばらくNYにいるので普段通りのブログを貫きます。
僕が考える僕なりの元気づけではありますがどうかご理解ください。

ところで今回の地震で気が付いたのは確実に家族や親族、友人達との絆が深まったこと。

また、他人だと思っていた街の中の人達といつもより気軽に声を掛け合うことが出来たこと。
お互い助け合って生きているのですね。

このような危機的状況の中でもメリットは必ずあると信じています。

今回の地震において日本人が何かに気付くきっかけになればいいなぁと思ってます。


必ず日本は、東北は立ち直る。


ではしばしNYからのブログをいつも通りお伝えします。


posted by コトー at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | @NewYork | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。