2011年09月25日

新幹線2時間半遅れるの巻

先日行った京都の帰り道。

予定では23時半過ぎに着く新幹線に乗ったのだが名古屋を過ぎたあたりで急停止。

何かと思ったら豊橋の駅で人身事故。

これで新幹線の人身事故に遭遇は3回目だ。たまにあるのね。

そんなことがありその場で2時間半停車したまま。

ということは東京着が午前2時前だ。

寝台車に乗った覚えはないのだが・・・


再び走り出すもこれで東京まで帰ってもどうにもならないことは決定。

さてどうしようか、と思ったら車内放送。

新横浜や品川で降りても電車はないので(当たり前だ)東京駅まで行ってくれとのこと。
東京駅まで行けば19番ホームに朝まで休憩出来る車両を用意してあるのでそこで休んでくれ、と有難くない申し出が(苦笑)

そんなところに行っても寝れるわけ無いし・・・


やっとこさ東京に2時前に着いて改札に向かう。

他の駅員と違って白い制服を着ている明らかに上の役職と思しき方に一応
「タクシー代とかの補償はないのん???」
と下から優〜しく聞いてみる(笑)

すると補償はできないので休憩用車両へどうぞ、と無表情で言われた(苦笑)

しかし近くにいたもうひとりの駅員のところに2〜3人並んで何か話している。

そこに行って耳を澄まして会話を聞くと・・・

切符に証明スタンプを押しますので・・・うんぬん・・・


!!!!!


つまり、今日の乗車券に証明スタンプを押しますので1年以内にみどりの窓口にこれを持っていけば特急券の分のみ返金されます、とのこと。(ちなみに京都からだったので5000円ちょい返金されました)

そりゃそうだ、全然『特急』じゃないもんね(笑)

なんだ、一部ではあるが返金されるんじゃないか。

あの白い制服の上役の人、僕達が聞いたのにそれを黙ってたんですね。

他の乗客もタクシー代は出ないの?と聞いていたけどにも何も言ってあげてなかったし。

会社として返金したくない気持ちもわからないではないがあんな時間に東京に着いて何も無しじゃおかしいだろう。

そういった都合の悪いことは黙ってるのね。

企業の姿勢が表れますね。

車内放送でもそういったことを伝えれば安心してタクシーで帰れるではないか。

ちょっと今回のJRの対応には疑問を感じた。

抗議の意味も込めこのブログを書いている。

僕と弟はその払い戻し分でタクシーで帰れたが東京駅のタクシー待ちしていたあの大勢の人たちの中でこの措置を取った方は他にいたのだろうか。

そうじゃなければ気の毒だ。

あの時間についてさらにタクシー自腹ではね。


なので何かあったらとりあえず駅員に払い戻しを求めてみる、ということもしたほうがいいです。

昨日と今日もよく新幹線に乗る方にお話したが誰も返金を求められるということを知らなかった。

このブログが今後誰かのためになればいいなぁ。

というわけで楽しい京都行きの最後がコレでした(苦笑)


posted by コトー at 23:57| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。