2012年01月17日

平成中村座 壽初春大歌舞伎

平成中村座の壽新春大歌舞伎を観てきた。
平成中村座 壽新春大歌舞伎

歌舞伎は10数年ぶり。嫁さんの要望で行くことに。

なるほど、江戸の芝居小屋というコンセプトが頷ける空間。

江戸の人はこんな空間で歌舞伎を楽しんでいたのだろうか。
平成中村座 壽新春大歌舞伎2


やはり目の前であの動き、発声を感じると本物の凄さを感じる。

歌舞伎独特の艶やかさや力強さの表現。

手のちょっとした仕草や指の向き、首の振り方、下座音楽の情緒豊かな表現力。

日本人のような細やかな感覚を持っている民族しか理解できないであろう『美』の表現とその理解。

基本知識に富んでいればもっともっと面白さを実感できたに違いない。

しかし勘三郎の巧さは凄い。観客を一瞬にして虜にしてしまうまさに千両役者。

獅童の声や力強い動き。

大見得を切った時のあのオーラはたまらん。クセになる。



またこの世界を追ってみたいと思う。
東急東横線 自由が丘 整体院 K-style パーソナル加圧スタジオ K-style


posted by コトー at 23:49| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。