2012年03月18日

万惣の思い出 5

〜〜〜前回からの続き〜〜〜

問答無用の老舗のホットケーキ。

万惣 ホットケーキ


当たり前だがこれを焼くのがとても難しい。

最初は何枚失敗したことか。

シンプルだけに余計難しいのは整体と通ずるところがあるかも。

このホットケーキのタネとシロップが特別のレシピ。秘伝。作り方は特定の社員以外だれも知らないと聞いたことがある。

焼くときは鉄板ではなく銅板。熱の伝導率が鉄よりもいいので銅板の全体が均一の温度になっているのだ。
(鉄板は下に火があるところだけが温度が高く、端のほうは温度が低いので均一に焼きあがらない)

なにしろ焼きたてがとても美味しい。

僕の食べ方は最初はなにも付けずにそのまま一口。

カリッとしていて甘い香りが広がってとても香ばしい。


第二段階ははバターを塗って食す。

甘塩っぱい感じがたまらない。


第三段階以降はシロップをたっぷりと垂らしてすべてのハーモニーを楽しむ。

皆これが楽しみなんでしょうね。


先々週と先週と行きましたがこのホットケーキをオーダーしていないお客さんがいない!!

やはりこれを食べにくるのだ。

1時間半くらい待ったって大丈夫、最後ですもんね。

並びながらもそばの人達からいろんな思い出話が聞こえてくる。

このホットケーキにはそれぞれいろいろな思い出が詰まっているのだろう。

僕も焼いていたんですよ、と言いたくなってしまったが黙っておいた(笑)


しかしこんなに人気があるのに万惣がなくなってしまうというのはなんとも悲しい。

そういえば僕が居た頃から糸井重里氏がたまに来ていた。

そして今回の万惣の件で糸井氏はTwitterにて
『神田「万惣」のホットケーキ。ホットケーキ界のメートル原器のようにして、永遠にあるものだと思いこんでいた。』
と表現していた。

そう、そうなのだ。

我々は永遠にそこにあるものと勘違いしていたのだ。

〜〜〜続く〜〜〜


posted by コトー at 01:52| Comment(2) | 僕のお気に入りのお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kotoさん

先日のコメントを入れた日に松坂屋へ行きました。
結果はご存じの通り・・・
最初は松屋と間違えたかと思ってしまったほど、どこに店が在ったのか、跡形もなく。。インフォメーションへ聞きに行って先週閉店しました。と言われ・・
頭の上にトホホって文字が、ガックリ。神田へ今更いっても多分定員オーバーで無理でしょう(::)
憧れのホットケーキになってしまいまた。
でも、月曜日に新丸ビル店に行き1時間程待ってフルーツサンドを持ち帰り用にしていただき、お店ではフルールポンチをいただきました。フルーツが美味しいのは当たり前だけど、クラスに残ったジュースがめちゃくちゃ美味しい!!、サンドイッチのクリームが…主人と感動しまくりました。
新丸ビル店は4月に入ってもしばらくやっているらしいので、また行こうと思ってます。
色々教えていただいて、ありがとうどざいました。
Posted by harada-n at 2012年03月21日 02:19
★harada-n さま

松坂屋、連絡がちょっと遅かったですね、すみません。
今日の万惣は昼間でも2時間半待ちだったそうです。
ちょっと無理ですよね〜

蒲田の駅ビルの喫茶店で万惣仕込みのホットケーキが食べられるようです。
なんでも万惣出身の方がやっているみたいですよ。
探せば出てくるのでは?
もしわかったらここのレスで告知します。

フルーツポンチのあのジュースは美味しいですね。
風味付けにお酒(コアントロー)を使っています。
そしてあのフルーツサンドですね。
今度作りましょうか?(笑)
Posted by コトー at 2012年03月22日 01:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。