2007年01月16日

これぞ伝統の逸品 後編

今度の土日はセンター試験ですね。
慶応の校舎も使うのかな?
しかも天気予報は雨。
センター試験恒例の雪になる可能性もありますな。


どうも、コトーです。


先日の続きです。眠くて書ききれませんでしたので、今日は書きます!

そんなたくさんの爪切りの中から選んだのはこんなやつ。
こだわりの爪切り1

見た目はごくごく普通の爪切りです。

ちょっとサイバーっぽいけど。

買うときにまず箱に書かれた殺し文句に惹かれました。

「匠の技」

「ステンレス製高級爪切り」

「手造り 本刃付仕上げ」

「爪ヤスリ不要の切れ味」

こだわりの爪切り2

もう、光ってるし(笑)

大きさは普通でしょうか。中くらいの大きさです。
こだわりの爪切り3


能書によると・・・
刃は厳選したステンレス刃物鋼を使用し、高硬度焼入れと二度刃付け技術により鋭利性と耐久性に優れています。
また、最終仕上げにおいても熟練の職人が1丁ごと責任をもって仕上げ研磨と調整を行っておりますので、優れた切れ味が持続します。

・・・とのこと。

また生産地である岐阜県関市はその昔(鎌倉時代)から鍛冶で有名で、現在でも刃物の産地として有名だそうだ。

これだけの能書をよんだらワクワクしてきちゃって(笑)

すかさず購入決定。

早速帰ってから爪を切ってみました。

爪に当て、刃を下ろすと最初は柔らかく爪に入っていき、最後にパチンッと切った爪が飛んでいく。。。

何ともいえない気持ち良さ。


さすが。。。切れ味が違うぜ。。。


心の中でつぶやいてしまいました。

全然力入れなくてもきれいに切れますね。

そしてたしかに切った後に爪ヤスリはいりませんね。

爪の切断面がギザギザしません。

ツルツルです。

なんでもそうですが切れ味が鋭いのは気持ちいいですね。


ちなみに普段言ってる冗談もこれくらい切れ味鋭くなること希望。。。


いやぁ、爪切り、ハマりそうです。

僕の場合は爪を切るのも仕事のうちですから。

直接皆様のお身体に触れるところもありますので。

これでますますマメに切ることでしょう。




しかし、だ。




切るのが気持ち良くてですね、




みごとに全部の指の爪を深爪してしまいました。。。



エスカレートし過ぎました。

そんなわけで先週から今週にかけての3、4日間ほどは整体をしている時に指の先が痛かったです…

今度から切り過ぎないよう気をつけます。

年始めだし爪切りも新調してみてはいかがでしょうか?


今日の結論:道具にはこだわれ
バナー


posted by コトー at 23:55| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | お買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
深爪って…
ゃっぱりどMが正しかったんですネ★
それにしても高そぅな爪切りだゎー!!!
ぁたしゎスペイン製のメチャ小っこぃ爪切り使ってます♪
Posted by もも at 2007年01月17日 08:17
★ももちゃん

そんなに高くはないんだけど。。。

切れ味最高っす。

でも久しぶりにあんな深爪やっちゃった。
ハハハ。。。
Posted by コトー at 2007年01月17日 22:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。