2013年11月17日

大阪セミナーストーリー その3

『セミナーをやること』そしてそれを『DVDで発売する』ということは決まった。

しかしそれが決まった後はお休みの日もセミナーの準備・準備・準備。

セミナーが終わるまでまったく休んだ気にならなかった。

いままでセミナーを開催してきた先生方はこういった影の苦労をされてきたんだということが骨身に沁みてわかった。

サロンワークである整体という仕事は毎日の予約をいつも通り終わらせていけば仕事は終わりという性質。

しかし期日や締め切りのあるシビアな仕事へのモード変換がうまくできずに家に帰ると常にイライラしていた。

そのイライラからか部屋も本が山積みになり散らかって行く。

自分の心理状況が部屋に出てきた。

混沌としている。


しかしやらねば、でもまだ2ヶ月あるし・・・という時期は毎日自分の考えが揺れた。

いわゆるセミナー構成というやつだ。

どのように伝えたらよいのか混迷を極めた時に思ったこと。

それは自分の中にある『狂気』のようなものを自分で引き出さなくては、ということ。

人と対峙し、何かを伝えるのは生易しいことではない。

それには自分が想像し得る自分を越えていかなくてはいけない。

そう思ったある日、ある人の助けを借りようと思い青山へ向った。

そこであの人は僕の中の狂気をあっさりと引き出してくれた。

その人とは・・・

岡本太郎


この日の訪問が最高のヒントに。

岡本太郎


結果、彼の狂気を取り込もうと考えたのは正解だった。


posted by コトー at 22:57| Comment(0) | セミナー・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。