2004年08月14日

薄皮饅頭なのだ

image/k-style-2004-08-14T21:47:04-1.jpgimage/k-style-2004-08-14T21:47:05-2.jpg

この時期はみなさん遠出するんですね。
疲れて整体にいらっしゃいます。
とくに車で帰省の方が症状をひどくしていらっしゃることが多いですよ。

どうも、コトーです。

今月はいろんな地方のお土産をいただく機会がありますね。
先日もお土産をいただきました。
今回は福島、柏屋の薄皮饅頭です。
ムラヤマさん、ありがとうございます!!

この薄皮饅頭は写真↑を見ていただくとわかると思うのですが皮が薄いです。←あたりまえ
中にはあんこがギッシリなんです。
甘さ控えめでもちろんウマイです。
はい。

ワタクシこれ食べると子供の頃思い出すんですよね。

夏休みになると毎年福島のおばあちゃんの所にいくのが楽しみでした。

夏休みのたびにかなりの個数を食べていたと思います。

田舎ではおやつというと甘いものと辛いものが一緒にでるんですよね。
だから饅頭→漬物→茶→饅頭→茶→漬物→茶…というメビウスの輪のようないつ終わるかわからないおやつ地獄にハマるわけなんです。

これが毎日。
で、飽きた頃に埼玉へ帰る。これを毎年やってたんです。

だから薄皮饅頭を食べるとあの頃の暑い福島のおやつタイムが蘇ってくるんですね。

と同時に元気な頃のおばあちゃんまでもが心の中で蘇ってくる。

そういう風にイコールで結ばれてる。
みなさんもそういう物があるんじゃないですか?

しかし何年経ってもいいですね。
子供の頃の思い出は…

ちょっとおセンチなコトーでした。


posted by コトー at 21:47| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。