2004年09月26日

生きる伝説 NEW YORK DOLLS LIVE REPORT

昨日のことですがいつものように仕事の後ライブに行ってまいりました。

いいかげんにしろ!
などとは決して言わないでくださいねん黒ハート
ワタクシのライフワークなもので。

どうも、コトーです。

昨日観てきたのは NEW YORK DOLLS です。
もう、LIVING LEGEND,生きる伝説ですよ。



しか〜し



さすがに老けてました(笑)


しかもオリジナルメンバーは2人だけ。
3人はお亡くなりになっておりますです。
まぁ亡くなったメンバーは昔からアル中、ドラッグ中毒でしたから仕方ありません。


なんせデビューは'73年ですからね。
ワタクシが生まれた頃から演ってたワケですから。
はい。


彼らはグラムロックというジャンルに分類されることが多いですね。いわゆる化粧をしてギンギンに演奏をするようなかんじとでもいえばいいのでしょうか。

NEW YORK DOLLS


これ↑が彼らの1stアルバムなんですけど。
このアルバムはプロデュースがなんとトッド・ラングレンなんですよね。意外。

もう、ボッタクリのオカマバーみたいなジャケット(笑)


かなり強烈です。

しかしこのアルバムはジャケットを含めてホント大好きです。

ジョニー・サンダースのヘロヘロギターもデヴィッド・ヨハンセンのヘタなボーカルも最高です。
(↑ちなみに最高のホメ言葉です)


N・Y DOLLS



彼らがいなければパンクのムーブメントはなかったかもしれないという位ロックの歴史上重要な存在なんです。
あまりそうは見られないようですが。



で、昨夜のライブ。

場所はお台場のZEPP TOKYOでした。

なんせ来日するのは30年ぶり。


オシャレな街、お台場になぜか革ジャン姿のヒト、ボンテージのお姉さん、ラバーソールを履いたパンキッシュな方。

しまいには化粧をした男の子。


はっきり言ってお台場には似合わないヒト達ばかり(笑)

入り口でビビッてました(笑)
しかし人間観察には最高でしたね。

何の仕事してるんですか???
なんて聞きたい衝動に駆られました(笑)


しかも年齢層がえらく高め。
踊っている方も昔風の踊り。
仕方ありません。

ライブに関しては相変わらずのヘロヘロ具合。
しかも息切れ気味(笑)
50歳過ぎてピンクのTシャツなんか誰が着れますか!


でもDOLLSはこうじゃなくちゃね。


「Personarity Crisis」「Jet Boy」「Trash」などの名曲も聴けたし、お姿も拝見したし。

これで満足…しなければ…

今改めてアルバム聴きながら日記を書いてますがやはりイイですね。

このアルバム、ロック好きは必聴ですよん。


posted by コトー at 19:21| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE !! LIVE !! LIVE !! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『NEW YORK DOLLS』初めて聞きました。
すごく良さそうなバンドですね♪
ライブがZEPP!!やっぱりスタンディングですか?
今度アルバムを借りて聞こうかなと思います。

今日は本当にありがとうございました。
肩こりがすっきりしました♪
これでしばらく姿勢よく仕事をせねばっ。
また次回よろしくお願いします。ペコリ。
Posted by セブンティーン at 2004年09月26日 22:29
☆セブンティーンさま

N・Y・D聴きました?
もちスタンディングっすよ。


まだまだカラダは変わるはずです。

そりゃうちの整体は一味違いますよ。
いろんな意味で(笑)

セブンティーンさんはわかってくれていると思いますけどね(笑)

またお待ちしておりますよん。
Posted by コトー at 2004年09月27日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。